もしものときに備えて知っておきたい!鍵を紛失したときの対処法

鍵の紛失によるトラブルは多い

外出先で鍵を落としたりどこかに置き忘れたりした、家の中でどこに置いたのか忘れて見つからなくなってしまったなど、鍵を紛失するトラブルはとても多いです。鍵を紛失すると、家の中に入れなくなったり、空き巣などのトラブルに巻き込まれたりと困ることが多いでしょう。もしものときにすぐ対応できるように、鍵を紛失した際の対処法について学んでいきましょう。

紛失に注意!失くしやすい鍵の種類とは?

  • 自宅の鍵
  • 車・バイクの鍵
  • 金庫の鍵
  • スーツケースの鍵
  • 勤務先(会社やお店)の鍵

もしものときに備えて知っておきたい!鍵を紛失したときの対処法

キー

鍵を紛失したときにまずすべきこと

鍵を紛失した際にまずすべきなのは、警察に届け出を出すことです。紛失した鍵が自宅のものであった場合は特に、拾った人がその鍵を使って自宅に不法侵入してくる危険性があります。そのため、紛失に気付いたら早めに防犯対策を行っておくことが大切です。また、逆に拾った人が親切な人であれば、警察に届けてくれている可能性もありますので、まずは交番などに行って確認してみるといいでしょう。

大家さんや管理会社に連絡しよう

自宅の鍵を紛失した場合は、大家さんやマンション・アパートの管理会社にも必ず連絡するようにしましょう。大家さんや管理会社に連絡することで、部屋のスペアキーを貸してもらうことができます。また、中には鍵業者と提携している管理会社もありますので、連絡することでスムーズに鍵交換を行ってくれます。いずれにせよ鍵を紛失した場合は鍵交換が必要になりますので、早めに対応してもらうことが大切です。

鍵の修理業者に相談しよう

鍵を紛失した場合は、スペアキーがあったとしてもシリンダーを交換してもらうようにしましょう。シリンダーとは鍵を差し込む穴のことで、シリンダーさえ交換すれば安心です。万が一鍵を拾った人が自宅に不法侵入しようとしても、鍵が開けられることはありません。鍵の修理業者では、このような鍵の紛失による相談も随時受け付けているのですぐに対応してもらうことができます。

万が一鍵を紛失した場合に備えて

常に持ち歩く鍵は、いつ紛失するか分かりません。そのため、日頃から鍵を失くした場合に備えて、自身の鍵のメーカーや種類などを覚えておくようにしましょう。そうすることで、修理業者に交換を依頼する際にスムーズに見積もりを取ってもらうことができます。メーカーの名前は、ドアの側面や室内側のドアノブに記載されていることが多いです。万が一の場合に備えて、メモしておくといいでしょう。

家や自身の安全を守るには?鍵の管理は徹底して行おう

鍵の紛失は、空き巣などの犯罪に巻き込まれる可能性があるとても危険なことです。自宅や自身の身の安全を守るためには、紛失しないように鍵に大きいキーホルダーを付けたり、置き場所を固定したりして日頃から失くさないように鍵を徹底管理しておくようにしましょう。また、失くしてしまった場合は、早急に業者に連絡して鍵交換をしてもらうことが大切です。早めの対処が自宅や自身の身の安全を守ることに繋がります。

広告募集中