故障の原因は様々!ドアノブ修理業者ならトラブルもすぐに解決

ドアノブが壊れたらどうする?

玄関や寝室、トイレ、お風呂場など住宅の至るところに設置されているドア。そのドアノブが壊れてしまったら中に入ることができず、困ることが多いものです。ドアノブは何故壊れてしまうのでしょうか。その原因と対処の仕方についてご紹介します。

ドアノブが故障する主な原因

  • 過度な負荷によって生じる破損
  • 内部の部品が摩耗したことによる破損
  • 経年劣化による部品の破損や錆
  • ネジの緩み
  • 乱暴な扱いによる部品の破損

故障の原因は様々!ドアノブ修理業者ならトラブルもすぐに解決

ドアノブ

内部の部品が原因である場合が多い

ドアノブが故障する原因は様々ですが、特に内部の部品が劣化によって錆びていたり、破損していたりすることが原因の場合が多いです。そのため、見た目には特に異常はなくても、急にドアノブが壊れてしまうトラブルが発生するのです。ドアノブの寿命はだいたい10年〜15年と言われているため、特に問題はなくてもその時期には業者にメンテナンスの依頼をすることをおすすめします。

ウーマン

日頃の扱いが故障を引き起こす

ドアノブはある程度寿命が決まっている問と言っても、日頃の扱いが丁寧であれば長く持たせることができます。ドアの開閉をするときは乱暴にしない、ドアノブに重い荷物を掛けない、お風呂場などの湿気が多い場所はこまめに換気をするなどの対策を心がけるといいでしょう。特にお子さんがいる家庭の場合は、ドアノブの扱いが乱雑になってしまうことが多いので注意が必要です。

カップル

プロに相談すれば万事解決!

ドアノブが故障してしまって自分ではどうしようもない場合は、ドアノブ修理のプロに相談してみるといいでしょう。ドアノブ修理業者では、専門のオペレーターが随時在籍しており、24時間いつでも相談に乗ってくれるところもあるので、急なトラブルにもすぐ対応してくれます。また、見積もりは無料なので気軽に相談することができ、妥当な価格で高品質なサービスを提供してくれるので安心です。

ドアノブ修理は業者にお任せした方が確実

ドアノブは自分で修理することも可能ですが、業者に依頼した方が確実です。何故なら、ドアノブを綺麗に修理するには、そのドアの厚さや留め金部分の板の長さ、留め金部分に差し込んであるネジの歯の間隔なども正確に計測したうえで作業しなければならないからです。取り付けがとても困難なため、自分でも行うよりもプロの修理業者にお願いした方がスピーディーかつ綺麗に直してもらえます。

広告募集中